「もしかして、水虫?」と思ったことはありませんか?少し痒い、少し赤い、少しぶつぶつしてるなどの症状が見られた場合水虫の可能性があります。もしかしてあなた、水虫じゃないですか?

  • ホーム
  • 水虫と薬局と雑菌について

水虫と薬局と雑菌について

運動している女の人

ペットボトルに入ったミネラルウォーターやお茶、ジュースなどはよく見かけるのですが、ペットボトル入りの牛乳を見かけることはないでしょう。
牛乳は他の飲み物に比べて栄養価が高いためであり、瓶か紙パックに入れて販売しないと雑菌が繁殖しやすいからなのです。
雑菌が繁殖しやすい牛乳は摂氏10度以下で保存する必要があります。
密閉性の高いペットボトルに入れると飲みかけの牛乳を持ち運ぶことができるようになりますが、長時間高い温度にさらされることで雑菌が繁殖しやすくなってしまいます。
ペットボトル入り飲料は直接口をつけて飲むものであり、牛乳の容器にペットボトルが使われることはなかったのです。
薬局やドラッグストアなどで販売されている市販薬でも水虫は治るから病院には行かないという人も多いでしょう。
確かに治ることもあるのですが、場合によっては再発してしまうこともあります。

水虫薬にはアリルアミン系やベンジルアミン系などの種類があり、水虫の症状に合わせて選んでいくことが大切です。
水虫に使われる薬の中には膣炎のカンジダ菌治療に使われている薬もあり、アリルアミン系などは処方箋で出るものと同じ成分が入った市販薬もあるのですが、病院で処方される薬とは量などが異なっています。
薬局で購入できる薬は全ての人に効果があるとは言えないため、感知したいならやはり医師による診断を受けた方が良いでしょう。
処方箋薬というのは医師や薬剤師の免許を持つ人しか扱うことができず、薬局などで購入できる薬よりも処方箋薬の方が高い効果を期待できます。
また、症状に合わせた薬を医師に選んでもらうことができるため、すぐに水虫を治したいという人におすすめです。

関連記事