「もしかして、水虫?」と思ったことはありませんか?少し痒い、少し赤い、少しぶつぶつしてるなどの症状が見られた場合水虫の可能性があります。もしかしてあなた、水虫じゃないですか?

  • ホーム
  • 水虫の治療薬は何を使うべき?

水虫の治療薬は何を使うべき?

嬉しく運動する女性

水虫は感染力がそれほど高くはないものの、気がついたら感染してしまっているということがしばしばある真菌感染症です。
患者の足の皮膚から剥がれ落ちた角質層が足に付着している状態が長続きしたり、その状態で足が蒸れた状態が続いてしまったり、足に傷があったりすると感染が成立しやすくなります。
一緒に生活している人が水虫を持っているとつい感染してしまうことが多く、共同浴場やプールなどの利用を介して感染することもしばしばあります。
以前はその治療が困難でしたが、現在では適切な治療薬を用いることによって水虫の原因である白癬菌を根滅することができるようになっているため、積極的な治療への取り組みをしていけば完治できるようになっています。

水虫の症状によってその治療薬を選ぶ必要があるものの、皮膚感染が起こっているだけの場合には外用薬を用いるのが最も良い選択です。
長期的に使用しても副作用が生じにくいことがそのメリットであり、残らず白癬菌を殺す必要がある水虫治療においては最も有力な選択肢となります。
外用薬として軟膏やクリーム剤など様々な剤形がありますが、患部への塗りやすさを重視して選ぶのが最も良い方法です。

クリームの薬名を挙げるとフロリードDクリームやラミシールクリームが挙げられます。
この一方、爪水虫のように外用薬では直接塗布ができないような場合には外用薬ではなく内服薬を使用する必要があります。
ラミシール錠は内服薬で高い効果が認められている薬です。
症状によって使い分けが必要であるということは留意しておかなければならないことでしょう。
治療薬の選択に困った場合には皮膚科に相談してみるのが最も安全で確実な方法です。
そうすることによって保険適用で治療薬を購入できることから、最終的には意思の判断を仰ぐのが良い手段であるということも念頭に置いておきましょう。

関連記事
サイト内検索