「もしかして、水虫?」と思ったことはありませんか?少し痒い、少し赤い、少しぶつぶつしてるなどの症状が見られた場合水虫の可能性があります。もしかしてあなた、水虫じゃないですか?

  • ホーム
  • 水虫感染に気付いたらするべきこと

水虫感染に気付いたらするべきこと

きれいな脚とピンクの花

水虫に感染してしまった場合、ほかの人に移してしまう可能性があるのは誰もが知っている事です。
しかし、その時にするべきことを理解している人は意外と少ない物です。
しっかりとした水虫への対応をすることにより、他人に移してしまうだけでなく、悪化を防ぐことが出来るでしょう。

まず、水虫になった場合、あなたに家族がいて同居しているならば、洗濯物を別にする必要があります。
水虫に感染した人の靴下などは、ほかの人の物と一緒に洗濯したとしても、しっかり日干しすれば大丈夫です。
しかし、天候状態などによってその殺菌度合いは変わってきますから、安心できません。
そして、今までの靴下の使用を中止して、5本指の靴下に変える事も重要です。
また、同じスリッパを使用することも危険であるため、専用の物を用意することが大事です。

次に、部屋の掃除をしましょう。
清潔な空間にすることで、水虫菌の繁殖を抑えることが出来ます。
そして、素足で床を歩かないことはもちろん、頻繁に足を洗うことも重要です。
また、蒸れないタイプの靴の使用を心がけましょう。
特に革靴は蒸れやすく、仕事で使用しなければならない人も多い、水虫になりやすい靴と言えます。
仕事で革靴を履く人は、蒸れ対策が施された靴を用意すると共に、同じ靴を二日以上履かないようにしましょう。
足の裏は汗をかきやすいポイントで、靴同じ靴を履き続けているとどんどん湿っていってしまうのです。

また、自力で治療しようとせず、すぐに病院に行くことを忘れないようにしましょう。
治療に時間をかけてしまうと、それだけ水虫の菌は広範囲に散らばることになります。
そしてそれは、水虫の再発が起こりうる要因となってしまうのです。

関連記事
サイト内検索